無料相続リスク診断

 遺言書作成の前にぜひご利用ください

円満相続のために遺言書の準備は欠かせません。しかし、想定されるトラブルに適切に対応した遺言書でなければ、遺言書の作成がトラブルの原因になりかねません。

いくつかの質問にお答えください。

相続人や財産の大まかな構成にお答えいただくことで簡易的な潜在的なリスクや注意すべき点が見えてきます。もちろん、ご実家の相続で今から気を付けておくべきことを知りたい場合にもご利用ください。

→こちらからお問い合わせください

遺言書原案作成

遺言書の種類は大きく分けて3種類(①自筆証書遺言 ②公正証書遺言 ③秘密証書遺言)。それぞれ有効に成立するための要件は異なります。

遺言書が作成されていれば、①遺産整理手続きが迅速に行える ②ご自身の希望にそった遺産分割が実現できるメリットがあります。

遺言書が作成されていないがためにトラブルとなるケースも多く見られます。また、せっかく作成したにもかかわらず要件や内容に不備があったがために無効となり、トラブルの原因となることもあります。

西島行政書士事務所では、既に作成された遺言書のチェックのみも行っています。

遺産整理手続(遺産分割協議書作成)

遺言書が残されている場合

遺言書の他、必要な書類を揃えればすぐに相続財産の名義変更等の手続きに入ることができます。

遺言書がない(あるいは、見つからない)場合は

遺産整理のお手続きに入る前に相続人全員による遺産分割協議を行う必要があります。

相続財産は現金・預貯金にとどまらず、有価証券、不動産、自動車など様々な種類があり、その種類ごとにお手続や必要となる書類も異なります。

西島行政書士事務所では、遺産分割協議書作成、遺産整理(名義変更等)手続きやお手続に必要な書類の収集・作成を行っております。

生前契約書作成

遺言書に記載した事項のすべてに法的効力が認められるわけではありません。遺言書の法定事項以外にご希望がある場合には、「死後事務委任契約」や「エンディングノート」の活用がおすすめです。

また、将来の認知機能の低下に備えて「任意後見制度」の利用や、終末期のがんなどになった場合の最期の迎え方についての意思決定(「尊厳死宣言書」作成)などがあります。

相続対策としてできることは遺言書の作成だけではありません。さまざまなご相談に対応させていただきます。