医療法人設立
医療法人設立認可申請前に行うべきこと新着!!

医療法人の設立には都道府県の認可が必要となります。設立認可申請時にはかなりの量の提出書類や添付書類の作成が必要とります。書面の作成の面倒は専門家に依頼すれば解決できますが、院長先生にしか決めることができない事項や、金融機関等への事前の相談等、申請手続き以外の対応も必要となります。

続きを読む
医療法人設立
訪問診療専門診療所が医療法人を設立するタイミング

外来型の診療所の場合、主に節税対策の一つとして多く利用されてきた医療法人の設立ですが、その他にも医療法人にすることで得られるメリットがあります。とくに、訪問診療専門診療所の場合、分院の展開や介護保険事業の展開など節税対策以外にも活用できるメリットがあります。

続きを読む
在宅医療
分院開設でより広い診療圏での訪問診療をカバーする

順調に患者数が増加すれば、当初想定していた診療圏外からの患者の紹介が増加することが考えられます。広範囲の患家を効率よく回る工夫として、「分院開設」があげられます。また、患者増加に伴い、診療所(事務所)が手狭になれば、移転も考えなければなりません。保険診療を継続しつつ本院機能を移転するのにも分院開設は有効です。

続きを読む
在宅医療
看取り加算と死亡診断加算の違い〜自宅で看取りを行った場合の加算

看取りの際に算定できる加算には大きく「看取り加算」と「死亡診断加算」の2つがあります。看取り加算は訪問診療専門診療所にとっては、実績面そして何より、3,000点という収益面においてもしっかりと抑えておく必要があります。患者本人が元気なうちにしっかりと看取りについて話し合うことは、家族の精神的な負担軽減にも繋がります。

続きを読む
在宅医療
訪問診療専門診療所が抑えておきたい在宅がん医療総合診療料

訪問診療専門診療所の場合、重症患者の受け入れを積極的に行う必要があります。診療報酬には「末期がん」患者を対象とした点数が用意されています。看取り直前の頻回訪問対応が必要対応が必要となった場合、在宅がん医療総合診療料であれば患者さんの経済的負担を抑えつつ手厚いケアが可能となります。

続きを読む