カテゴリー: 在宅医療

在宅医療をつづけるために~生活保護の利用

年々、生活保護受給者が増加しています。特に高齢世帯での需給件数が増加しています。

つまり、在宅医療を最も利用する年代での生活保護受給者が増加しているということです。

在宅医療を受ける患者の自己負担額は、約5,000円~20,000円くらいでしょうか?

在宅での療養機関が長引くほど、患者さんにとっての経済的負担は大きくなっていきます。解決策の一つとして「生活保護の利用」が考えられます。

もっと読む

死亡診断加算について

在宅医療における終末期関連の主な診療報酬として、「看取り加算」「在宅ターミナルケア加算」(「在宅患者訪問診療料」の加算)と「死亡診断加算」(「往診料」「在宅患者訪問診療料」の加算)があります。

死亡診断加算(200点)と看取り加算(3,000点)は要件が非常に似ていますが点数が大きく異なります。

「看取り」まで含めた在宅医療の提供をお考えであれば、この3つをしっかりと理解する必要があります。

もっと読む

看取り加算とは

国の医療政策の傾向は、自宅(病院外)での看取りを推進しています。

自宅で最期を迎えたという希望は、患者側でも増加しています。厚労省の調査では全体の6割前後が自宅での看取りを希望しているという結果が出ています。

在宅医療を提供する患者が増えている、看取りも含め本格的な在宅医療の展開を検討しているのであれば、関連する診療報酬についてしっかりと知っておく必要があります。

もっと読む

在宅医療(看取り)と患者の同意

在宅医療(訪問診療)の開始時、患者さんやそのご家族から「同意書」を頂くことになります。

自宅での「看取り」までを考えている場合、患者さんの認知能力の著しい低下や医療行為に対する判断能力に著しい支障が出てきた場合、以後の同意はどなたから得るべきでしょうか。

もっと読む

診療所が病床を設置するには

近年、有床診療所の数は激減しています(参考:厚厚生労働省HP)。「人員確保」「コストの問題(収益とのバランス)」などが原因としてあげることができます。

一方では、新型コロナウイルスへの対応として、病床数を増やし、診療所から病院へ移行した医療機関があります。また、在宅医療の提供にあたり、病床を新設・増床する診療所も出てきています。

では、どうすれば病床を設置することができるのでしょうか?

もっと読む