月: 2021年4月

相続人の順位

ここ数年の「終活ブーム」の影響からか、遺言書を書く人は年々増加しているように思います。

それでも、大半の方は遺言書を書かずに(あるいは、せっかくの遺言書が発見されないまま)相続の手続きを行うことになります。

(遺言書が発見されなかった場合を含め)遺言書がない場合、相続手続き(名義変更等)をするにあたり、相続人全員による「遺産分割協議」を行う必要があります。

相続人のうちのどなたかお一人でも欠けていると、せっかくの分割協議も「無効」となります。

そのためには、相続人の範囲と順位をしっかりと理解しておく必要があります。

もっと読む

相続税はいくらから支払う必要があるのか

「相続でもめるのはお金持ちだけ・・・」と考える方が非常に多くいらっしゃいます。

残念ですが、相続でもめるのに財産の多い少ないはあまり関係がありません。家庭裁判所に持ち込まれる相続案件のほとんどが相続財産額5,000万円以下のケースです。

では、相続税はどうでしょうか?

もっと読む

相続の基本ルール

相続は、よほどの事情がない限り、誰もが1度は経験することになります。

そして、相続は突然起こります。長い闘病の末のことであってもそれは変わりません。

悲しみに暮れ、心の整理をしつつも、現実的なところさまざまな行政手続や遺産の整理を行わなければなりません。とくに、「相続の承認・放棄」の手続きは3カ月以内、「相続税の申告・納付」は10カ月以内にしなければなりません。

手続きを少しでもスムーズに行うためには、あらかじめ相続についての知識があると安心です。

もっと読む

死亡診断加算について

在宅医療における終末期関連の主な診療報酬として、「看取り加算」「在宅ターミナルケア加算」(「在宅患者訪問診療料」の加算)と「死亡診断加算」(「往診料」「在宅患者訪問診療料」の加算)があります。

死亡診断加算(200点)と看取り加算(3,000点)は要件が非常に似ていますが点数が大きく異なります。

「看取り」まで含めた在宅医療の提供をお考えであれば、この3つをしっかりと理解する必要があります。

もっと読む

看取り加算とは

国の医療政策の傾向は、自宅(病院外)での看取りを推進しています。

自宅で最期を迎えたという希望は、患者側でも増加しています。厚労省の調査では全体の6割前後が自宅での看取りを希望しているという結果が出ています。

在宅医療を提供する患者が増えている、看取りも含め本格的な在宅医療の展開を検討しているのであれば、関連する診療報酬についてしっかりと知っておく必要があります。

もっと読む