診療報酬

在宅医療
訪問診療専門診療所が抑えておきたい在宅がん医療総合診療料

訪問診療専門診療所の場合、重症患者の受け入れを積極的に行う必要があります。診療報酬には「末期がん」患者を対象とした点数が用意されています。看取り直前の頻回訪問対応が必要対応が必要となった場合、在宅がん医療総合診療料であれば患者さんの経済的負担を抑えつつ手厚いケアが可能となります。

続きを読む
在宅医療
訪問診療の収益・往診料の算定要件

あらかじめ計画された訪問診療とは異なり、イレギュラーに患者やその看護に当たるものからの要請で行う往診は、在宅医療参入への大きな障壁となります。特に、夜間(深夜)〜早朝の時間帯の往診要請に対応する体制を構築するのは容易ではありません。訪問診療専門診療所は自院の資源を地域に開放することで、知名度を高めていくことができます。

続きを読む
在宅医療
訪問診療の収益・在宅時医学総合管理料の算定要件

在宅時医学総合管理料は訪問診療を行う診療所の経営にとって、収益の柱となる重要な診療報酬項目です。在宅時医学総合管理料は、在宅療養支援診療所の届出で点数が増えますが、訪問診療専門診療所の場合、看取り実績などの要件を満たせないと、逆に点数が減点されてしまいます。そのため、看取り体制の充実・確保がポイントとなります。

続きを読む
在宅医療
訪問診療の収益・在宅患者訪問診療料の算定要件

訪問診療(在宅医療)の収益の、基本となるのが①在宅患者訪問診療料 ②往診料 ③在宅時医学総合管理料 の3つです。
在宅医療の診療報酬は、外来の診療報酬は異なる点が多く、在宅医療の診療報酬事務に精通する人材も十分ではないことから、訪問診療開始前に、院長先生自ら診療報酬についてはある程度の知識を持っておく必要があります。

続きを読む