タグ: 公費負担制度

在宅医療をつづけるために~生活保護の利用

年々、生活保護受給者が増加しています。特に高齢世帯での需給件数が増加しています。

つまり、在宅医療を最も利用する年代での生活保護受給者が増加しているということです。

在宅医療を受ける患者の自己負担額は、約5,000円~20,000円くらいでしょうか?

在宅での療養機関が長引くほど、患者さんにとっての経済的負担は大きくなっていきます。解決策の一つとして「生活保護の利用」が考えられます。

もっと読む