月: 2020年11月

在宅医療と介護保険について

 在宅医療の報酬は、原則として「医療保険」もしくは、「介護保険」から支払われます。

 在宅医療は訪問看護や訪問介護など、多職種で患者さんの療養生活を支えることになります。そのため、介護保険について知っておくことはとても重要です。

もっと読む

カンファレンスで診療報酬が算定できる

 在宅医療ではカンファレンスを行うことで診療報酬の算定が可能です。診療報酬の項目はかかりつけ医や訪問看護ステーションだけでなく、入院先の医療機関でも算定ができます。

 かかりつけ医や訪問看護ステーション、入院医療機関が共同でカンファレンスを行うことで患者さんに安心して療養を行ってもらうことができます。

もっと読む

医療法人化して在宅医療を拡大する

 クリニックなどの小規模・無床医療機関の経営安定のポイントとして、①より専門性を高める ②在宅医療を取り入れるの2つを上げることができます。

 本格的な高齢社会を迎えるにあたり、外来患者の減少は確実です。これは同時に在宅医療のニーズの一層の高まりも確実だということにもなります。

もっと読む