タグ: 相続トラブル

相続人の順位

ここ数年の「終活ブーム」の影響からか、遺言書を書く人は年々増加しているように思います。

それでも、大半の方は遺言書を書かずに(あるいは、せっかくの遺言書が発見されないまま)相続の手続きを行うことになります。

(遺言書が発見されなかった場合を含め)遺言書がない場合、相続手続き(名義変更等)をするにあたり、相続人全員による「遺産分割協議」を行う必要があります。

相続人のうちのどなたかお一人でも欠けていると、せっかくの分割協議も「無効」となります。

そのためには、相続人の範囲と順位をしっかりと理解しておく必要があります。

もっと読む