タグ: 医療法人の持分対策

院長の退職金について

個人開設のクリニックの場合、院長に退職金を支払うことはできません。

医療法人であれば、院長先生や役員を務めるご家族にも退職金を支給することができます。
また、退職金の原資調達を工夫することで、「持分対策」や「節税対策」を同時に行うことも可能です。

もっと読む

開業医の医業承継と相続

 医業承継には大きく分けて4つのパターンがあります。

個人開設法人開設
親族間承継AB
第三者承継CD

 スムーズな承継を実現するためには、中長期的な計画に基づいて準備を行う必要があります。

 それぞれに、気を付けるべき点は異なりますが、共通するのは承継人に確実に医療資産を引き継ぐことです。

もっと読む