月: 2021年3月

医療法人の監事

医療法人を設立するには、原則、3名以上の理事(内1名が理事長)と1名以上の監事を選出しなければなりません。

社員総会で選任すること。任期が2年を超えることができない(再任は可能)など、共通する点も多いですが、職務の内容の性質上、候補者の選任が理事に比べ難航します。

特に、小規模の医療法人(いわゆる「一人医師医療法人」)の場合、社員や役員をどなたにするかはスムーズな法人運営の重要な要素となります。理事の職務・権限などを理解することは候補者選びの第一歩になります。

もっと読む

開業医の相続対策 ~遺言書作成

団塊の世代が後期高齢者となるいわゆる「2025年問題」は、医業経営にとって重要なターニングポイントになりそうです。診療所を利用する患者さんの高齢化に伴う疾病構造の変化にどのように対応していくのか。今から対策を考える必要があります。

同時に、診療所の今後について考える良い機会にもなります。

高齢化は開業医も無縁ではありません。

特に診療所を継いでくれる方がいらっしゃるのであれば、承継がスムーズにいくよう、今から早めの準備をしておきましょう。

もっと読む

持分あり医療法人の理事長の相続対策

医療法人の相続の場合、大きく分けて2つのポイントがあげられます。

ひとつ目は、相続財産が高額になる傾向が強いこと。

ふたつ目は、医師や歯科医師以外は理事長を継ぐことができない点です。

今回は、持分のある医療法人の相続対策として3つご紹介します。

もっと読む

院長の退職金について

個人開設のクリニックの場合、院長に退職金を支払うことはできません。

医療法人であれば、院長先生や役員を務めるご家族にも退職金を支給することができます。
また、退職金の原資調達を工夫することで、「持分対策」や「節税対策」を同時に行うことも可能です。

もっと読む