月: 2020年12月

戦略的医業承継のすすめ

 「事業承継」は経営者にとってあたまの痛い問題です。実際、多くの中小企業は「後継者不在」を理由に事業を廃止しています。これは、医業についてもまったく同じことが言えます。

 長年地域医療に貢献してきた診療所を閉院することは簡単です。しかし、ご家族(親族)や第三者へ診療所を引継ぐことをご検討であれば、数年単位で計画を立て、戦略的に行うことが必要です。

もっと読む

開業医の医業承継と相続

 医業承継には大きく分けて4つのパターンがあります。

個人開設法人開設
親族間承継AB
第三者承継CD

 スムーズな承継を実現するためには、中長期的な計画に基づいて準備を行う必要があります。

 それぞれに、気を付けるべき点は異なりますが、共通するのは承継人に確実に医療資産を引き継ぐことです。

もっと読む

診療所経営の承継について

 経営者として診療所を運営している医師の中には生涯現役を貫く方が多くいらっしゃいます。実際、厚生労働省の調査においても開業医もしくは医療法人の代表者(71,709人)のうち、約56%(40,135人)が60歳以上。さらに、約20%(15,002人)が70歳以上となっています。

 「かかりつけ医」として、長年地域医療に貢献してきた診療所は経営者である医師本人の財産であるだけでなく、貴重な「地域の財産」でもあります。

 そんな先生の診療所をこのままただ閉院してしまいますか?それとも、誰か適任者がいれば診療所の経営を譲りますか?

もっと読む

在宅医療をあきらめない~高額療養費制度を利用する

 医療の高度化、新しいお薬など受けることができる医療サービスの進歩は受ける側にとってはメリットであると同時に、自己負担額の増加というデメリットにもなります。

 とくに、大病を患ったり、在宅での療養生活が長引けば、それだけ家計への負担は大きくなり、受診控えにもつながります。

 「高額療養費制度」などの経済的な負担を軽減する公的制度を利用することで、安心して療養生活を送ることができるかもしれません。

もっと読む