一口に医療法人といっても、いくつかの種類があります。

 ここでは、現在もっとも一般的な「基金拠出型医療法人」を中心に説明します。そして、医療法人を
構成する組織についてもご説明します。

社団と財産

1.社団医療法人

 「社団法人」とは、「一定の目的のために結合した人の集団を基礎として作られる法人」のことをいい
ます。目的により営利法人と非営利法人とがあります。営利を目的として作られる社団の代表は「会社」
です。

 医療法人は、「非営利の社団法人」ということになります。

 「非営利」とは、利益の配当を行うことができないことを意味し、けっして医療機関が積極的に収益を
上げることを禁止しているわけではありません。

 現在、新たに設立される医療法人のほとんどが、この「社団医療法人」です。複数の人(自然人)が集
まり、現金や医療機器など一定の財産を拠出した団体が都道府県知事のの認可を受け、登記されることに
より成立する医療法人形態です【医療法39条ほか】。

2.財団医療法人

 「財団法人」とは、「一定の目的のために提供された財産を運営するために作られる法人」をいいます。

「持分あり」と「持分なし」

  「持ち分」とは、医療法人設立の際に拠出(出資)された財産についての各人の割合を指します。「持
分あり医療法人」の場合、社員が医療法人から脱退するときや、医療法人自体が解散するときに、医療法人
の残余財産についてその持ち分に応じた払戻請求権が認められています。これに該当する規定を定款中に持
たない医療法人を「持分なし医療法人」と呼びます。

※ 医療法人の「利益配当の禁止」を徹底する趣旨から、平成19年の第5次医療法改正により、現在では「持
分なし医療法人」のみ新設は認められなくなりました。

基金拠出型医療法人

 持分なし医療法人社団の中で、法人の資金調達手段として定款中に基金に関する条項をもつものが「基金拠
出型法人」です。第5次医療法改正以降、もっとも多く利用されている設立形態です。

 「基金」とは、医療法人の設立時等にあたり拠出された金銭等の財産のことをいいます。法人は拠出者に対
して、定款の定めるところに従い返還義務を負います。医療法人は、基金を引き受ける者の募集にあたり、基
金拠出者の権利に関する規定及び基金の返還の手続きを定款で定める必要があり、基金には利息を付すこと
ができません。

その他の医療法人の種類

 1.広域医療法人

 都道府県をまたがって医療施設を開設している法人のことを「広域医療法人」といいます。
 広域医療法人は、開設しようとする医療機関の数が増える分、設立認可申請時に作成するべき書類も増えま
すが、特別な手続きが必要となるわけではなく、基本的な手続きは同じです。

2.一人医療法人

 常勤医師が1,2名でクリニックを開設している医療法人のことを「一人医療法人」といいます。医療法人の
歴史は古く、かつては常時医師が3名以上勤務する場合のみ、医療法人の設立が認められていましたが、昭和
61年改正により、3名以上という要件が削除されました。
 設立されている医療法人の多くはこの形態を採用しています。ただし、常勤の意思の数につき1名以上でよい
とされているのみであり、他の要件については全く同じになりますので、社員も3名以上が必要となります。

医療法人の機関(構成)

 医療法人の機関は株式会社制度に似ていますが、まったく異なる点もあります。医療法人をスムーズに運営
していくうえで、各機関の権限と機能をしっかりと理解する必要があります。

1.社員

 社員とは、社団医療法人の構成員のことです。社員総会では一人1個の一議決権を持ちます(医療法46条の3
の3第1項)。株主に近いイメージです。
 社員資格の得喪については定款中で定めることになります(医療法44条第2項⑧)。

2.社員総会

 社員によって構成される合議体のことです。株式会社における株主総会に相当します。理事の選任権(医療法
46条の5第2項)、解任権(同46条の5の2第1項)をもち、事実上、社団医療法人の最高意思決定機関となります。

 社員総会の議事は、原則、出席社員の過半数によって決します。社員となるのに出資は要件となっていません。

3.役員

 医療法人の役員は、原則として理事を3名以上(うち1名が理事長)、監事1名以上を置くことになります(医
療法46条の5第1項)。

 任期については、2年を超えることができませんが、重任は可能です。新たに役員が就任するまでの間、辞任、
退任した役員にはなお役員としての権利義務を有することになります(医療法46条の5の3第1項)。

 理事には自然人しかなることができません。

4.理事会

 理事会とは、理事により構成される合議体のことです(医療法46条の7第1項)。取締役会にあたり、機能権
限も似ています。

 理事会は、業務執行の意思決定機関です。医療法人の業務は、理事の過半数で議決され、理事長が代表として執
行します。